ニュース英語速読・速聴ボキャブラリー2000
定価:本体 2,200円+税
(税込定価: 2,376円)
ISBN978-4-87615-022-9
判型:A5判
208ページ
CDブック
初級~中級
1999年7月1日発売
読んでわかる! 聴いてわかる!
TIME誌記者による書き下ろしの特別記事8編を題材に、実用的な英語力の前提となる速読・速聴力をトレーニング。記事中の頻出単語をキーワードに、関連する重要語彙をネットワーク化して一気に攻略。英語をそのままの速度で理解する力が鍛えられる。

はじめに

 英語ニュースは読んでおもしろく、情報を集めるのに役立つ、聴いて小気味よいとよく言われます。それは必要な情報が無駄なくぎっしり詰まっており、テレビ、ラジオなどで放送される場合には毎分150語~170語のスピードで視聴者に掲示されるからでしょう。英語ニュース、およびニュース解説に関して、英語学習者の目標のひとつにされるのがアメリカのニュース週刊誌 TIME です。本書は、その TIME 誌記者が書き下ろした特別記事8編を用いて、英語ニュースを【速読】し、【速聴】するためのトレーニングを行い、さらに英語ニュースの理解を深めるために必須の【ボキャブラリー】(約2,200語)を覚えるニュース英語学習書です。

 本書が掲げる基本目標はニュース英語の【速読】と【速聴】です。まずは、ニュース英語を英語の語順どおりに、意味のまとまり(チャンクと言います)ごとにすばやく読んで理解する【速読】にチャレンジしましょう。【速読】は特殊な技術と思われるかもしれませんが、そうではありません。英語を日本語に訳して理解する長年の習慣を改め、意味のまとまり(チャンク)ごとに情報を把握していきながら全体を理解するトレーニングを積むことで十分習得可能な技術なのです。

  TIME の英語は語彙レベルが高いのは事実ですし、独特な単語の使い方をしている場合もあります。しかしながら、ネイティブ・スピーカーといえども、 TIME を日頃読んでいるからといって、出てくる単語を全部知っているわけではありません。読みのプロセスには活字以外にさまざまな要素が役立っています。私たちはそれに気づかないで読み進めているために、なかなか速く読むことができず、ニュース英語を聴いて理解する力も思うように伸びないのです。

 本書は、ニュース英語を読むうえで活字以外の側面支援となる要素として音声を活用しています。本書に収録した8編のニュースと主要ボキャブラリーは、すべて付属のCDに録音されています。毎分150語のスピードで読まれるこのCDをペースメーカーとして、存分に活用していただきたいと思います。「速い英語」を「聴く」、そして「そのままの速度で理解する」ことにより、【速読】+【速聴】+【ボキャブラリー】の一体化した学習効果を確かめることができるはずです。

 最後に、本書の全体から細部に至るまで有益な助言と助力を与えてくださった(株)語研の編集代表奥村民夫氏に、心から感謝の意を表したいと思います。

1999年6月
田中 健二