新TOEIC TESTリスニングスコアアップ大作戦
入江泉:著
定価:本体 2,000円+税
(税込定価: 2,160円)
ISBN978-4-87615-179-0
判型:A5判
280ページ
CDブック(CD1枚)
入門~初級
2008年9月1日発売
まずは500点突破!
初級者でも得点の取りやすいPart 1-2の攻略法を中心に、Part 1-4の出題パターンと正答を取るための攻略法を紹介。リスニングスコア250-300(トータルスコア500)突破をめざす。各パートのはじめには本番の流れと心構えについても説明している。

はじめに

 本書は、トータルスコア500点(リスニングスコア250~300点)を目標とする方を対象に編まれたTOEICリスニングテスト対策教材です。

 TOEICでスコア500点を達成するには、リーディングテストよりも語彙が易しく、テクニックが身に付きやすいリスニングテストを攻略することが近道です。そのためには、その時々の自分のレベルにあった教材を使うことが重要です。問題や解説が自分にとって難しすぎる教材を使っても効率的なスコアアップは期待できません。

 本書では、できるだけ多く正解してほしいPART 1と2をChapter 1の出題パターン別対策で特に詳しく解説しています。また、10年以上英語教材作成に携わっている経験を生かし、500点を目指すレベルの目線に立って作成していますので、難しい問題や解説もなく、英語の基礎を押さえつつ、TOEICリスニングテストで点数をアップさせるという目的に徹しています。

 また、TOEICである程度のスコアを手に入れるには「攻略法」は欠かせません。各種試験問題ではすべての設問に意図があり、そして「意図がある設問には必ず攻略法がある」ということを述べておきたいと思います。

 本書を手に取られた皆さんはTOEIC受験が必要であり、それがいかなる理由であろうとその先には何か目標があるはずです。それに向かって本書をマスターした暁には皆さまに明るい笑顔が見られることでしょう。

 最後に、すばらしい英文素材を提供してくださった西口久美子さん、IWCスタッフの皆さま、そして的確なご指導に加え、長期にわたり根気よく編集してくださった島袋一郎氏、田尻まど香氏をはじめとする株式会社語研の方々に心から感謝を申し上げます。

Where there is a will、 there is a way.
「意志あるところに道あり」
2008年8月
入江泉
入江泉

 大阪生まれ,ニュージーランド在住。1997年に小・中学参業界に入り,2005年東京にて独立。以降,学校英語やTOEIC,英検などの教材執筆・編集・校正者として活動。中学生対象の模擬テストを年間50本以上作成。
 著書に,『もう一度はじめる英文法ドリル』(語研刊),『英検 学習スタートブック』(準2級・2級)(Jリサーチ刊)などがある。


【英文校閲】
David Knox+Erick Akeley