社会人の常識ペン字ドリル
定価:本体 1,000円+税
(税込定価: 1,080円)
ISBN978-4-87615-282-7
判型:B5判
96ページ
テキスト
2014年4月1日発売
基本的な文字の書き方と、よく使う挨拶文など
書き込みドリル形式でしっかり学ぶ社会人の常識。あなたはペンで書く文字に自信がありますか? 漢字・平仮名・カタカナはもちろん、数字・アルファベットまで、今の時代だからこそ手書きの美しい文字が輝きます。ドリル形式なので気軽にレッスン。新社会人・就職活動中の方はもちろん、手先を動かすことで脳をリフレッシュしたい中高年の方にもオススメです。

はじめに

●手書き文字が必要な場面
 パソコンによる文字入力が主流となった現在でも、文字の手書
きが必要な場面はたびたびあります。たとえば、会社で上司にメ
モを渡すとき、お世話になった方へお礼状を出すとき、パーティ
の受付で芳名帳に記入するとき……。このような場面では、社会
人として恥ずかしくない、また、相手にとって失礼にあたらない
文字を書きたいものです。
 また、招待状の返事や手紙、申請書など、マナーとして気をつ
けたい形式や定型とされる表現のように、一般常識を知らないの
は、社会人としてとても恥ずかしいことです。
●自己アピールのツールとして
 手書きの文字は、見る人に、書き手の人柄や思いを感じさせま
す。きちんと整った文字は真面目さや几帳面さを感じさせますが、
散漫な文字では、粗野でルーズな印象を与えかねません。筆跡が
アダとなって人柄を誤解された、あるいは、手紙に込めた思いを
理解されなかったということさえありうるのです。
 逆に言えば、美しい手書き文字は、あなたという人をアピール
するための強力なコミュニケーションツールにもなりえます。特
に社会に出ると、相手と円滑なコミュニケーションを図ることが
必要な場面は多いのです。
 身近な筆記具であるペンで美しく文字を書くには、どうしたら
よいのでしょうか。
●ペン字習得のポイント
 ペン字書きでは、何よりも、落ち着いてていねいに書くことが
大切です。急いで書かずにトメ・ハネをきちんとすること、角や
はらいをしっかり書くことなどに留意するだけでも、文字の印象
はずいぶん変えられます。
 また、自分のクセや欠点をつかみ、それらを意識して書くこと
も大切です。ただ漫然と書くのではなく、常に見直しながら練習
をくり返すことで、上達に近づくことができます。
ポイントをおさえた学習で効率よく学びましょう。
●本書のねらい
 本書では、日常生活やビジネス・シーン、冠婚葬祭でよく用い
られる文例を多く取り上げ、実践的なペン字の練習ができるよう
に構成しています。また、重要語のコラムなどをつけることで、
ペン字書きのポイントのみならず、社会人としての一般常識も身
につけられるようになっています。ペン字の学習を通じて、さま
ざまな表現や書式にも触れてください。
 本書による学習で、あなたの社会人としての品格がアップする
よう、切に願っております