中国語でガイドする関東の観光名所10選
植田一三:編著+高田直志:著+上田敏子:著+劉志国:訳+賈子申:訳
定価:本体 2,200円+税
(税込定価: 2,420円)
ISBN978-4-87615-350-3
判型:A5判
テキスト(音声ダウンロード)
2020年1月20日発売
※本教材の感想を読者カードやレビューサイトにお寄せください。
プロのコツを伝授!
関東の人気観光スポット10選(浅草、皇居・明治神宮、上野、下町、両国、鎌倉・江ノ島、横浜・横須賀、箱根・小田原、日光、草津温泉)をガイドする際に必須となる「人気の観光地の案内」「日本の文化・風俗の説明」に関する中国語表現を学ぶとともに、案内・紹介・説明といった技術を磨く。短期間で表現力を増したい方、プロの通訳案内士を目指す方、国際交流のために日本を案内するガイドの方にオススメの一冊。音声無料ダウンロード。姉妹編『中国語でガイドする関西の観光名所10選』『英語でガイドする関東の観光名所10選』『英語でガイドする関西の観光名所10選』も好評発売中。
本教材に対応する音声データは、当Webサイトよりダウンロード可能です。ダウンロードした音声データはZIP形式で圧縮されています。音声ダウンロードに関しては以下のFAQもご覧ください。
音声ダウンロードとすぐ聴く音声に関するFAQ

※ためし読みの色は実際の書籍の色とは異なります。

無料音声ダウンロード

プロローグ

 毎年数千万人の外国人が日本を訪問するにつれて,英会話を学ぶ日本人は増加中ですが,それに対して,訪日客の過半数が話す中国語の学習者数は,それほど増えていません。このように,中華系の訪日客が日本に関心が高いにもかかわらず,日本の文化,歴史,社会などを中国語で説明できるようなレベルの書籍は稀です。しかも中華系の人々にわかりやすいように,中華圏での「文化的・社会的常識」を交えて,相手の懐に入っていくようなテキストは皆無に等しいでしょう。本書はそういった時代のニーズに応えるべく制作され,次のような特長があります。

  1. 日本事情を中国語で中華圏の人々に伝えるにあたり,相手の懐に入りやすい事物で比較。(例:楠木正成と「諸葛孔明+ 雷鋒」,招き猫と「関公」,富士山とラサの標高など)
  2. 「 一衣帯水」の日中の歴史を対話文に散りばめました。(例:日光と風水,漢字と仮名,孫文と横浜,日本の中華料理など)
  3. 中上級学習者にとって乗り越えるべき壁といえる成語は丸暗記ではなく,場面に合わせて使わねばなりません。本書では場面に合わせて成語を使いこなせるように心がけました。(例:“走马观花zǒu mǎ guān huā”(駆け足旅行),“物极必反wù jí bì fǎn”(揺り戻し[リバウンド]がある)など)
  4. 関東の観光名所ベスト10 の「絶対に紹介すべきスポット」それぞれ5 か所前後を,実践的なダイアローグ形式でわかりやすく解説。
  5. 外国人観光客から非常によく聞かれるQ & A を攻略。
  6. 各名所で効果的なガイドができるように最重要フレーズと例文をカバー。
  7. 日本文化を英語で説明できるように,日本の祭り,伝統芸能,庭園,食などをはじめとする各分野を,ダイアローグや例文集(巻末)でトレーニング。
  8. プロの通訳案内士による各スポットでのガイディングの秘訣を,通訳ガイドの体験談を交えて伝授。
  9. 他の地域と異なる「関東らしさ」を伝えるために,平安時代の平将門,鎌倉時代の源頼朝,戦国時代の北条氏,江戸時代の徳川家康など,中央政権と張り合いつつ息づいてきた独自の武家文化,つまり関東がたどってきた道を再確認できるように工夫。

 本書の制作にあたり,多大な努力をしてくれたアクエアリーズスタッフの上田敏子氏(全体企画・校正・文化編ダイアローグ&章末・巻末例文),ミッチー里中氏・小室葉子氏(文化編ダイアローグ&巻末例文),劉志国リュウ・ジーグオ氏(中国語翻訳),賈子申ジャ・ツーシェン氏(中国語翻訳),および(株)語研編集部の島袋一郎氏には心から感謝の意を表したいと思います。そして何よりも,私たちの努力の結晶である著書を愛読してくださる読者の方には心からお礼申し上げます。それではみなさん,明日に向かって中国語の道を,

Let's enjoy the process!(陽は必ず昇る!)

植田 一三
高田 直志