GOKEN

世界22の国と地域の言葉

外国人との交渉に成功するビジネス英語
定価:本体 2,000円+税
(税込定価: 2,160円)
ISBN978-4-87615-232-2
判型:A5判
272ページ
テキスト
中級~上級
2011年4月1日発売
言葉と文化の壁を越える【交渉の英語と戦術】
在北米日系企業や多国籍企業で長年コンサルタントとして活躍する著者陣が、言語と異文化の壁を越えてビジネスを成功させるための英語交渉術を丁寧に解説しました。テーマ別にまとめた【交渉に役立つ英語表現450】、日本人が頻繁に交渉する国々(米国以外)の文化や交渉スタイルを解説した【10か国別交渉事情】コラムも収録しています。

はじめに

交渉についての本は数多く存在します。ですから「英語での交渉について書いてください」と依頼されたとき、最初は正直、もうこのテーマは It’s been done.(すでに何回もカバーされている)と感じました。しかしじっくり考えてみると、まだまだ新鮮なテーマであると思うようになりました。

交渉自体が複雑であるうえ、そこに文化の違いと言語の壁が加わると、さらに難しくなります。また、日本のビジネスはグローバル化しているので、英語で行う交渉の相手は米国人やヨーロッパ人に限らず、南米、アジア、中近東のビジネスピープルにまで広がってきました。文化が違えば、もちろん交渉の進め方や習慣も異なります。さらに、日本の企業とグローバル市場との関わりもますます増えて多様化してきているため、日本人が英語で交渉する機会も増えてきました。このようなことから、「交渉」というテーマはタイムリーで重要なものになっていると言えるでしょう。

本書の特徴のひとつは、3人の経験豊かな専門家が共同で執筆したものだということです。ロッシェル・カップは異文化理解とビジネスコミュニケーションの専門家で、長年コンサルタントとして活躍してきました。また、仕事を通じて、顧客の米国企業と日本企業の間で起こり得るさまざまな問題を見てきました。小野智世子はシリコンバレーで日米企業間の交渉に頻繁に関わり、さまざまな交渉テクニックを熟知しているベテランです。増田真紀子は、米国で法律と不動産開発という交渉の多い分野を経て、現在は、在米日系企業に対して米国のビジネスシーンを理解するためのコンサルティングを提供しています。この私たち3人の観点を合わせることで、日本人の読者の皆さんに、交渉を成功させるために役立つヒントや最新の情報を提供できるように努力しました。

本書の構成は次のようになっています。

まず「イントロダクション」で、私たちそれぞれの交渉についての考え方についてお話しします。【Ⅰ】では、交渉の6段階、そして交渉に影響するさまざまな文化的要素について説明します。【Ⅱ】では、日本人の一般的なコミュニケーションスタイル、日本企業の組織的な特徴が英語による交渉に及ぼす影響について考えます。【Ⅲ】では、交渉を成功させるためにはどのような準備が必要であるかを説明します。【Ⅳ】では、米国の習慣に重点を置いて、日本以外の国で頻繁に使われている交渉の手法を紹介し、それに対処するための方法を説明します。【Ⅴ】では、交渉の現場で実際に使える英語表現をテーマ別に取り上げ、【Ⅵ】では、【Ⅳ】で述べた手法を応用した実際の交渉例を紹介します。また、各所に用意したコラムでは、日本人が頻繁に交渉する米国以外の国々の文化や交渉スタイルを解説します。このような内容により、読者の皆さんは、交渉のさまざまな側面に関して精通できるのではないかと思います。皆さんが実践ですぐに活かせるように、応用可能な情報を重点的に取り上げました。本書を使うことで、皆さんがもっと楽な気持ちで交渉を行えるようになり、よりよい結果を出せることを願っています。

本書に関するご感想やご質問、あるいは当社が提供しているコンサルティングとトレーニングに関するお問い合わせは、下記のメールアドレスまでご連絡ください。

Rochelle.Kopp@japanintercultural.com
Chiyoko.Ono@japanintercultural.com
Makiko.Masuda@japanintercultural.com

英語で交渉している日本人の皆さんに、この本が役に立てば非常にうれしく思います。

2011年2月
ロッシェル・カップ
小野智世子
増田真紀子
ロッシェル・カップ

 ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社社長。異文化コミュニケーションと人事管理を専門とする経営コンサルタント。米国,日本,ヨーロッパで日系および外資系多国籍企業に異文化研修と組織コンサルティングを提供する。イェール大学歴史学部卒,シカゴ大学経営大学院卒。
著書に『ビジネスミーティングの英語表現』(ジャパンタイムズ),『反省しないアメリカ人をあつかう方法』(アルク)ほか。

小野智世子

 ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社経営コンサルタント。専門はマーケティング戦略。世界レベルのイノベーション技術を誇るシリコンバレーのベンチャーや在北米日系および多国籍企業で,20年以上にわたり新市場の創造や新規事業の戦略立案と実践を行っている。日米企業のシリコンバレービジネスの立ち上げで培われた豊富な知識,経験,洞察力,異文化認識に裏付けされたアドバイスは,さらなるグローバル化を目指す日系企業に好評を得ている。東北大学卒,ヴァージニア大ダーデン経営学修士(MBA)取得。

増田真紀子

 ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社シニア・コンサルタント。ニューヨークのウォール街金融市場や法律事務所,シカゴの投資顧問業務を経て現職。在北米日系企業および多国籍企業で10年以上にわたり異文化研修を行っており,米国での勤務経験に基づいた異文化セミナーは全米やカナダで定評がある。東京女子大学卒,ノースウェスタン大ケロッグ経営学修士(MBA)取得。

 共著書に『外国人部下と仕事をするためのビジネス英語』(語研),『アメリカのビジネス・スクール』(TBSブリタニカ)がある。