【ポケット判】中国語で言ってみたい「この一言」
定価:本体 1,300円+税
(税込定価: 1,404円)
ISBN978-4-87615-145-5
判型:新書判
304ページ
テキスト(音声無料DL)
初級~中級
2007年2月1日発売
その場にピッタリの口語表現をマスター!
「しまった!」「すごい!」など、日常頻繁に使うちょっとした口語フレーズを中国人との会話の中から収集。教科書とは違う生き生きとした表現が満載。本書に対応した音声は、語研のウェブサイトで無料で聞け、自身のパソコンにダウンロードもできる。
スマホで無料で!
ポッドキャストでの音声無料配信を開始しました(スマホ対応。会員登録不要)。
iTunesへのリンク
購読用URL

はじめに

 中国語の勉強をしていて、「日本語を話すように、もっと自然な中国語が話せたらなあ」と思うことはありませんか? 話せない原因の一つは語彙が少ないこと、もう一つは日本語では気軽に使っている言葉が口をついてすぐに出てこない、ということが挙げられます。例えば、あいづち―「そうなの」「なるほど」「それから?」など、このような言葉をマスターすれば、もっと気楽に、生き生きした会話ができると思いませんか? 考えてみてください。誰も毎日教科書どおりの堅苦しい会話をしていませんよね。軽口をたたいたり、冗談を言ったり、くだけた、生きた会話を楽しんでいるはずです。この本は、そういう日常よく使う言葉ばかりを集めた口語表現集です。どうぞ使える言葉からどんどん使ってみてください。きっとますます、中国語を話すことが楽しくなるはずです。

 知っている中国語といえば、「谢谢。」「你好。」の二言。もちろんピンインの存在すら知らない私が中国に来たのは1995年。そんな私が1998年に初版、そして今回、【ポケット版】を出版させていただけたのも、たくさんの方々のお陰です。とりわけ、この3年間いつも温かくご指導いただきましたソニーNECオプティアーク株式会社の帆足樹様、船渡貴光様、また、温かく励まし続けてくださいました山田克宙様、この数年間、中国天津にて誰よりもお世話になりました山本英紀様、長年にわたって心の足長おじさんであるJoel Rogers、引き続き、公私共々サポートし続けてくれている李煜、ポケット版のお声をかけてくださった(株)語研編集部の島袋一郎様、そして、この本を手にとってくださった読者の皆様、本当にありがとうございます。

 最後に、わがままな中国留学を皮切りに現在に至るまで、すっかり中国浸りの私に対して、深い愛情と理解を示してくれている両親に、心より感謝いたします。

 2007年1月
田中道代
田中道代

1973年,京都市生まれ。1992年,京都市立堀川高校卒業。1995年,中国天津理工学院留学。2003年より,天津にて日系物流会社に勤務。