語学の専門出版社 語研

売れてます!
集計月:2018年06月
最新刊
増刷
日常ロシア語会話ネイティブ表現
定価:本体 2,200円+税
(税込定価: 2,376円)
ISBN978-4-87615-306-0
判型:四六判
216ページ
CDブック(CD1枚付き)
初級~中級
2015年12月3日発売
3パターンで決める
著者略歴
大山麻稀子

 横浜生まれ。千葉大学大学院社会文化科学研究科博士課程修了,文学博士。2002年よりNPO神奈川県日本ユーラシア協会,横浜ロシア語教室の講師として勤務。同協会副会長。2004年,北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター, COE=鈴川基金奨励研究員。2009-2013年,横浜国立大学教育人間科学部,ロシア語非常勤講師。2011年,千葉大学外国語センター,ロシア語非常勤講師。
 著書に『ロシア革命と亡命思想家』(共著,成文社,2006),『19世紀ロシアと作家ガルシン』(東洋書店,2010)がある。

須藤アレキサンドラ

 ハバロフスク生まれ。ハバロフスク国立工科大学社会文化サービス・観光学科(日本語専攻)卒。2006年来日。千葉の双葉外語学校にてさらに日本語を学ぶ。2009年よりNPO神奈川県日本ユーラシア協会,横浜ロシア語教室の講師として勤務。その他,税関や警察,防衛省などの公的機関や様々な企業においてロシア語研修を行っている。

徳永晴美

 性別はM。外務省研修所講師(非常勤),朝日新聞客員,元上智大学外国語学部教授。
1970年モスクワ・ルムンバ大学歴史・文学部を修士号(MA)取得終了。帰国後フリー同時通訳者,ロシア語通訳協会会長,NHK・TVロシア語講座講師,通訳ガイド国家試験・ロシア語試験委員会主任を歴任。1990年から朝日新聞外報部記者,同紙モスクワ特派員を経て2002年上智大学外国語学部ロシア語学科教授に就任。
 著書『実務のロシア語Ⅰ・Ⅱ』(アーバンプロ出版,2014),『ロシア・CIS南部の動乱―岐路に立つプーチン政権の試練』(清水弘文堂書房,2003),『ロシア語通訳コミュニケーション教本』(ナウカ,2001)。『ロシア語会話とっさのひとこと』(共著・総監修・DHC出版,2003)他。