英語で紹介する観光都市「東京」
定価:本体 2,000円+税
(税込定価: 2,160円)
ISBN978-4-87615-333-6
判型:A5判
320ページ
テキスト
中級 ~ 上級
2017年11月25日発売
通訳案内士・ボランティアガイド必携
英語で日本を紹介するには、英語力の前に問われる「一般常識」と、いざ東京事情を紹介する段階で問われる「英語のキーワード」、つまり、ことば(英語)と文化(一般常識)をしっかりと磨き上げ、「『お・も・て・な・し』の心」を持って取り組むことが重要です。本書では、神社仏閣・都立公園庭園・博物館」に加えて、shopping & dining area を主軸とした商業施設や、郊外における主要な観光スポットにも焦点をあて、ややポピュラーな主題を収録しました。

本書のねらい

日本政府は2016 年3 月,海外からの訪日者数を「東京オリンピック・パラリンピック」が開催される2020 年には2倍の4,000 万人,2030 年には3倍の6,000 万人に増やす新しい目標を決めました。そして「東京」は,海外からの訪日者の都道府県別宿泊者数ランキングを見ても,群を抜いて第1位の訪問先でもあります。

東京の観光といえば,都心の主要観光スポットである「神社仏閣・都立公園庭園・博物館」等のアカデミックな主題がありますが,本書では,観光時の楽しみの一つでもあるshopping& dining area を主軸にした商業施設や,郊外における主要な観光スポットにも焦点をあて,ややポピュラーな主題を収録しました。

海外からの観光客に対して『観光都市「東京」』を紹介するとき,大事なことは下記の2 点です。

【1】一般常識のかんよう

東京駅を出て,丸の内側の『高層ビル街』あるいは八重洲側の『日本橋』を海外からの観光客とそぞろ歩きをしながら案内するとします。そのとき,「丸の内オアゾ」「KITTE」あるいは「コレド日本橋」「コレドの意味」などについて数分間紹介できますか。また,海外からの観光客の人気スポットである「浅草」「秋葉原」「銀座」だけでなく,海外からの観光客がcool だと感じる観光スポットの「アメ横」や夜の新宿「思い出横丁」なども然しかりです。「一般常識」は英語力の前に問われる大事な要素です。

【2】英語力の養成。

いざ東京事情を紹介する段階で問われるのは,「日本固有の名詞」や「日本独特の語句」などに関する「英語のキーワード」です。浅草の仲見世商店街での「東京の名物」(雷鳴りおこしや人形焼きなど),また浅草橋の日本の伝統的な七段雛段に並ぶ「雛人形」のキーワードなどがとっさに口から出ますか。時には多少説明を要する「英語の語句」です。月島もんじゃストリートでは,「もんじゃ焼き」と「お好み焼き」の違いを紹介することが問われます。詳細な「日本文化紹介法」は他の学習書に譲ることにします。

最後に「『お・も・て・な・し』の心」です。しかし本書は修身書ではありません。もくでは海外からの観光客に東京観光の紹介は務まりません。「ことば」(英語)と「文化」(一般常識)をしっかりと磨き上げ,キラキラと輝いてこそ,海外からの観光客を温かく「おもてなし」することができるのです。

2017年10月
著者
山口百々男

サレジアン・カレッジ(哲学科・神学科)卒業。ラテン語・イタリア語に精通。ハーバード大学留学(英語)。東京大学研修(教育)。大阪星光学院中学・高等学校及びサレジオ学院高校の元教頭。旧通訳ガイド養成所(現・日本外国語専門学校及び大阪外語専門学校)の元初代校長兼理事(創業に参画)。英検1級2次試験面接の元試験官。全国語学ビジネス観光教育教会(元理事)付属刊行英検センター元顧問。主な著書に、『英語で伝える江戸の文化・東京の観光』『和英・日本の文化・観光・歴史辞典』(以上、三修社刊)など多数。

武村秀雄

米国ピッツバーグ大学大学院博士課程修了(Ph. D.)・教育学博士。桜美林大学名誉教授。同大学院の国際学研究科博士前期課程元主任教授。同大学の大学院次長を経て同大学元四谷キャンパス長。同大学元教務部長。大学院での専門は高等教育論、日米大学制度論、大学理念研究、大学制度の国際比較。

藤田玲子

コロンビア大学大学院修士課程修了、国際開発教育学修士。日本航空(株)国際線客室乗務員を経て、現在東海大学国際教育センター教授、同大学観光学部英語プログラムコーディネータ、立教大学観光学部兼任講師。著書に、『Travel English for Tourism Industry Professionals』(マクミランランゲージハウス刊)がある。また、「観光学」関連の論文など多数。

キャサリン・チータム

カナダのサイモンフレーザー大学史学・人類学専攻。卒業後、英国のバーミンガム大学で英語教育学修士修了。日本において20年以上英語教育の経験を持つ。現在、東海大学国際教育センターの特任講師。同大学にて教育プロジェクトの運営にも関与する。