英語でガイドする関東の観光名所10選
植田一三:編著+高田直志:著+上田敏子:著
定価:本体 2,200円+税
(税込定価: 2,376円)
ISBN978-4-87615-326-8
判型:A5判
248ページ
CDブック(MP3CD)
中級~上級
2017年6月17日発売
The English Guide to the 10 Best Scenic Spots in the Kanto Region
浅草・皇居や明治神宮・鎌倉など、外国人観光客から特に人気があり通訳ガイドのニーズも高い観光スポット10選での、より実際に即したガイドの例を通じて、「名所旧跡の案内」「伝統文化の説明」の技術を磨きます。プロの通訳案内士をめざす方、国際交流のために日本を案内するガイドさん必携。
本教材の付録CD(MP3CD)は、パソコンでの利用を前提として制作されております。CDプレーヤーやカーオーディオなどでは内容を再生いただけない場合がございます。再生方法の詳細や制限につきましてはご利用の再生機器のマニュアルをご参照ください。

プロローグ

 2020 年に開かれる東京オリンピックを前に,今や日本を訪れる観光客の数は軒並みに増えています。そんな中で,一人でも多くの外国人観光客に,日本に対するポジティブなイメージを抱いてもらい,帰国後も素晴らしい思い出とともに「また是非行きたい。今度は友達を連れて行きたい」といった状況を作り出すことが,われわれ日本人の使命です。本書はそういった時代のニーズに応えるべく制作され,次のような特長になっています。

  1. 関東の観光名所ベスト10 の「絶対に紹介すべきスポット」それぞれ約5 つを,そのままガイドの実戦で使えるダイアローグ形式でわかりやすく解説。
  2. プロの通訳案内士による各スポットでのガイディングの秘訣を,通訳ガイドの体験談を交えて伝授。
  3. 外国人観光客から非常によく聞かれるQ & A を攻略。
  4. 各名所で効果的なガイドができるように最重要フレーズと例文をカバー。
  5. 日本文化を英語で説明できるように,日本の祭り,伝統芸能,庭園,食などをはじめとする各分野を,ダイアローグや例文集(巻末)でトレーニング。
  6. 日本文化を英語で欧米人に伝えるにあたり,固有名詞を相手の発想に近いもので再現(大衆的な大量印刷の「浮世絵」を「世界初のポップアート」,「弁天様」をギリシャの音楽神Muse に例えるなど,相手の懐に入りやすく工夫しました)。
  7. 関東らしさとは何か」を伝えるために,平安時代の平将門,鎌倉時代の源頼朝,戦国時代の北条氏,江戸時代の徳川家康など,中央政権と張り合いつつ息づいてきた独自の武家文化,つまり関東がたどってきた道を再確認できるように工夫。
  8. 訪日客の8 割以上をアジア人が占める昨今,そのニーズにも応えるべく,「アジア的視点で見た日本」の叙述(日光の地が風水により選ばれたこと,横浜中華街がしんがい革命時に果たした重要性など,日本文化を東洋文化に位置づけ説明)。

 本書の制作にあたり,多大な努力をしてくれたアクエアリーズスタッフの上田敏子氏(全体企画・校正・文化編ダイアローグ&章末・巻末例文),ミッチー里中氏・小室葉子氏(文化編ダイアローグ&巻末例文),中坂あき子氏・今田理恵子氏・田中秀樹氏・美除豊氏・大西静氏(校正),小谷延良氏(音声チェック)および(株)語研編集部の島袋一郎氏には心から感謝の意を表したいと思います。そして何よりも,私たちの努力の結晶である著書を愛読してくださる読者の方には心からお礼申し上げます。

 それでは皆さん,明日に向かって英の道を,

Let’s enjoy the process!(陽は必ず昇る)
植田 一三
高田 直志
植田一三

英語の最高峰資格8 冠突破& 英語教育書ライター養成校アクエアリーズ学長。英語の百科事典を読破し,辞書数十冊を制覇し,洋画100 本以上の全せりふをディクテーションするという英の超人(amortal philosophartist)。ノースウェスタン大学院コミュニケーション学部修了後,テキサス大学院博士課程に留学し,同大学で異文化間コミュニケーションを1 年間指導。Let’s enjoy the process!(陽は必ず昇る)をモットーに,33 年の指導歴において,英検1 級合格者を1900 人以上,資格3 冠(英検1 級・通訳案内士・TOEIC 980 点)突破者を300 名以上,英米一流大学院奨学金付(1000 万~ 3000 万円)合格者を多数育てる。28 年の著述歴で出版した英語検定対策・英語学習図書50 冊以上(総計150 万部突破[海外翻訳含む])の内10 冊以上はアジア数か国で翻訳されている。

高田直志

英語・中国語・韓国語のマルチリンガル通訳案内士。関西外国語大学英米語学科,中国延辺大学中国語学科を経て,2007 年より「通訳案内士試験道場」を主宰する。KGO全日本韓国語通訳案内士会代表,CGO 中国語通訳案内士会幹事。英語や日本文化は松本道弘(空龍)氏に師事し,2013 年より氏の私塾「紘道館」塾頭を務める。一方,2014 年度以降,観光庁通訳案内士制度のあり方に関する検討会委員として試験改革を提案し,2015 年度より,案内士試験の内容が「外国人観光客の関心の強い日本の観光地に関する地理・歴史の基礎的な知識を問う問題」に変更となる。著書に『通訳案内士試験「地理・歴史・ 一般常識」直前対策 改訂版』(共著,語研),『英語と一緒に学ぶ中国語』(共著,ベレ出版)がある。

上田敏子

アクエアリーズ通訳案内士・英検1 級・工業英検1 級対策講座講師。英検1 級,通訳案内士,観光英検1級(優秀賞),TOEIC 満点,工業英検1 級(文科大臣賞),国連英検特A(優秀賞),ミシガン英検1 級,バーミンガム大学院修了(翻訳学優秀賞)取得。また,村上春樹ツアーやカンボジア・平泉姉妹都市提携イベントの翻訳・通訳や,日本文化紹介放送番組“Beautiful Japan”をプロデュースするなど異文化交流に造詣が深い。主な著書に『英語で説明する日本の文化・必須表現グループ100・日本の観光名所100』シリーズ,『英語でガイドする関西の観光名所10 選』(以上,語研),『英語で経済・政治・社会を討論する技術と表現』(ベレ出版),『英検2 級・準1 級・1 級面接大特訓』シリーズ(J リサーチ出版)などがある。雑誌『ゼロからスタートEnglish』(J リサーチ出版)にて「ボランティア通訳ガイド入門」を連載中。