スペイン語基本単語2000
定価:本体 1,400円+税
(税込定価: 1,540円)
ISBN978-4-87615-623-8
判型:新書判
224ページ
テキスト(音声別売)
入門~初級
1990年4月1日発売
別売音声:ISBN978-4-87615-530-9
(CD3枚 価格:本体 2,300円+税)
聴いて,話すための
シリーズ累計65万部突破のロングセラー。聴いて話すために必要な基本単語2000語を項目別に学習。発音と基本的な文型についても巻頭で解説。別売の音声教材はCD版のほか、インターネット経由でデータをダウンロードできるDL版(有料)もある。

はじめに

 スペインは日本から地球を半周もする遠い国ですが、大航海時代を経て世界に広まったスペイン語は、アジアの中にも根をおろしているので、日本でも比較的親しまれているように思います。

 セニョールSr.(Mr.)セニョリータSrta.(Miss)をはじめ、アディオス(Goodby)など「このことばなら知っている」という単語がたくさんあるでしょう。そのスペイン語により親しみ、楽しく学べるように願って本書を書きました。

 簡単な会話も、とにかく単語を知らないと話が通じません。また、どんな複雑な会話もひとつひとつの単語に分けられます。単語をとおしてスペイン語の世界をのぞいてみてください。基本単語を会話の場面やジャンル別に分けてまとめましたから、初めてスペイン語を学ぶ方や、スペインに興味をもつ方に、一般の辞書とちがって親しみ深く利用していただけると思います。

 スペイン語を話す人はたいてい早口です。よく聴きとるためには基本的な単語をしっかり覚えることが大切です。また、単語の性別と動詞の変化はどうしても避けて通れません。初め un poquito[ウン ポキート](ほんのちょっと)面倒かもしれませんが、性と動詞変化をとおしてスペイン語らしさがつかめ、より楽しく学べるようになります。がんばってください。

 最後に、日系二世の私に、日本語表現などすべての面で協力していただいた(株)DHCの皆様に厚く感謝いたします。

1990年3月
著者
Norma C. Sumomo
Norma C. Sumomo

 1949年,ブエノスアイレス(アルゼンチン)生まれ。ブエノスアイレス大学卒業後,1975年来日。スペイン・南米・日本を往復しつつ,スペイン語教育,翻訳に携わる。